2013年5月アーカイブ

すべらないfx会社って?

| トラックバック(0)

自分が取引するFX業者を選ぶとき、
よく目にする「すべらないFX会社」という言葉。

そもそも「すべらないFX」とは、
どういった意味があるのでしょう
か。

すべらないFX会社とは、
スリッページが発生しづらい、
「約定力の高いFX会社」のことをいいます。

そもそもFXにおける「すべる」とは
どういう状況なのかというと、
トレーダー側にとって不利な価格で、
約定されてしまったことをいいます。

このように「すべる」ことが
しょっちゅうおこるようなFX会社では、
すべるのが恐くなって取引を躊躇してしまい、
積極的に取引ができなくなってしまいます。

このため、積極的に自分にとって有利な取引ができるよう、
すべらないFX会社が注目を集めています。

ちなみにすべることを
「スリッページが発生する」
と表現することも多いです。

すべらないFX会社は、
スリッページ
が発生しづらい会社ということになります。

スリッページが発生しない=すべらないためには、
FX会社の約定力の強さが重要になります。

そしてこの約定力の強さを左右するのが、
サーバーやシステムの強さです。

約定力が低い会社は、
サーバーやシステムが安定
しておらず、
しょっちゅうサーバーダウンを起こしたりするため、
FXトレーダー側にとって不利な会社といえます。

一時期は
「スプレッドが低いのはいいけど約定力が低い」
会社がやたら多かったこともあります。

今すべらないFX会社といえばやはりココを置いて他にないでしょう!
201305manepa.jpg

こちらの過去記事でも紹介してましたね。
今一押しのマネーパートナーズ!

このアーカイブについて

このページには、2013年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年3月です。

次のアーカイブは2013年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。