初心者でも安心できるFX業者があると良いですね。

ニュースが調べなくてもすぐ分かるようになっているとか、
スワップポイントが他の業者よりもものすごく優遇されているとか、
税制面で自動的に税金の支払いまでしてくれるFX業者など
あると非常に便利だと思います。

なかなかそういうようなFX業者は無いですが、、、
将来的には出てくるのかも知れません。

スワップポイントが他社の2倍なんてところがあれば、
真っ先に口座開設してしまいますよね。

今はスプレッドの狭さやキャッシュバックを
してくれるところとかが選ばれるようになっています。
そういうFX業者も選んでも良いです。

人気があって沢山のトレーダーが良く利用している
FX業者ですとつぶれる可能性も非常に少ないですし、
情報量も豊富ということになります。

こういった人気のある業者は広告料も
ふんだんに使っていますのでホームページとかで
よく見かけることになります。

よく見かけるようなFX業者を選んであげれば
まずは間違いが無いということになるでしょう。

FXをしていて取引で負ける分には良いですが、
FX業者が人気が無い余りつぶれてしまって
取引金額が全部持ってかれてしまったということになってしまうと、
納得がいかないですからね。

FX業者を選ぶ時は人気の高いFX業者を選んであげましょう。

人気の高いFX業者を選んであげて、
安心できる取引環境を作ってFXでしっかりと儲けていきましょう。

FXでの取引業者は1社だけではありません。
まずはどこか適当なところで1社だけ口座を開設しようと行動しがちですが、
多くのトレーダーは複数のFX業者で口座を開設しています。

その理由としては、為替差益を狙ったトレードをする口座というものと、
スワップ狙いをして中長期投資をしている口座など使い分けているからです。

FX業者によっては得意なサービスが違ってくるというのは当然のことですので、
それぞれのFX業者のサービス合わせて取引ができる様に口座を
複数開いておくというのも一つの手であります。

FX初心者の方に人気なのはスワップねらいの取引となりますが、
スワップねらいの取引となると 長期的なポジション保有が必要になってきます。

長期的にポジションを保有するためにはレバレッジを低く抑える必要がありますので、
できるだけ少ない通貨単 位から取引できるFX業者で少額の取引をしていきましょう。

長期的な運用をFXでするのであれば少なくともクロス円通貨で
20円以上の値動きに耐えられる ような取引をするのが良いでしょう。
少額で取引できるFX業者は今では沢山あります。

スキャルピングで取引をして毎日ギャンブルのように
FXを楽しみたいのであれば、スプレッドが狭いFX業者を選ぶのが良いでしょう。
今では業者の顧客獲得の競り合いの中でスプレッドは可能な限り狭くなっています。
スプレッドに関してはどこの業者を選んでも一緒の結果になりそうですね。

FX業者を選ぶ時はひとつに絞り込む必要はなく、
自分の取引スタイルに合わせて複数の取引業者で
口座を開設しても構いません。

自分にあったサービスを提供してくれているFX取引業者であれば、
ガンガンと口座開設をしていきましょう。

前月の失態

| コメント(0) | トラックバック(0)
8月に入って1週目が過ぎ、
スキャルよりもバイナリーに没頭した1週間でしたが、
7月が終わった時点ではどうだったのか、
しっかりデータをまとめておく必要 があります。

まず状況としては中盤までは順調でした、
50pips取るか取らないかが続くこともありましたが、
中盤以降一発で撃沈、AUDとUSDの攻め が甘かった、
これがやはり尾を引いてのバイナリー傾倒なんですね。

引きずるトレードになってしまい、
自分のルールにもあまり触れませんでした。

マイナスに終わった7月、
バイナリーでしっかり取れましたが、
中盤以降がまた怖い状態です。

毎月勝ちと負けで来ているような感じでもありません、
年として後半1月目が失敗というのもやや難ありです。

自分が取引するFX業者を選ぶとき、
よく目にする「すべらないFX会社」という言葉。

そもそも「すべらないFX」とは、
どういった意味があるのでしょう か。

すべらないFX会社とは、
スリッページが発生しづらい、
「約定力の高いFX会社」のことをいいます。

そもそもFXにおける「すべる」とは
どういう状況なのかというと、
トレーダー側にとって不利な価格で、
約定されてしまったことをいいます。

このように「すべる」ことが
しょっちゅうおこるようなFX会社では、
すべるのが恐くなって取引を躊躇してしまい、
積極的に取引ができなくなってしまいます。

このため、積極的に自分にとって有利な取引ができるよう、
すべらないFX会社が注目を集めています。

ちなみにすべることを
「スリッページが発生する」
と表現することも多いです。

すべらないFX会社は、
スリッページ が発生しづらい会社ということになります。

スリッページが発生しない=すべらないためには、
FX会社の約定力の強さが重要になります。

そしてこの約定力の強さを左右するのが、
サーバーやシステムの強さです。

約定力が低い会社は、
サーバーやシステムが安定 しておらず、
しょっちゅうサーバーダウンを起こしたりするため、
FXトレーダー側にとって不利な会社といえます。

一時期は
「スプレッドが低いのはいいけど約定力が低い」
会社がやたら多かったこともあります。

今すべらないFX会社といえばやはりココを置いて他にないでしょう!
201305manepa.jpg

こちらの過去記事でも紹介してましたね。
今一押しのマネーパートナーズ!